aarikka ”三輪革ひも” ピアス(青緑色)

販売価格 3,240円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
aarikka(アーリッカ)”三輪革ひも” ピアス(青緑色)

■ カラー:青緑色
■ 素材:革ひも、木製、丸カン金具、ピアス金具
■ サイズ(約):幅4.5 cm(フレキシブルなので多少変動します。)× 長さ6 cm(金具含まず)× 最大厚み1 cm
■ 製造年:ーーー
■ コンディション:★★★☆☆ 3.8
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
aarikkaの青緑色した三輪の各革ひもにはオリーブ色の木の実(木製)の様なコマが一つずつ通され、ゆらゆらと揺れるピアスとなります。大中小の三輪は上部の金具(丸カン)の部分で内接され、ピアス金具がついているデザインで、木の温もりを感じながら耳元で楽しんでいただけます。ある程度の大きさはありますが、然程重くならない様にデザインされています。

経年変化は出ている可能性はありますが、使用感は少なめに感じられ、木製パーツの褪色は多少感じられるものの、今の物ではないピアスとして概ね良好な状態と言えます。

【表面】
革ひも、木製パーツ、金属パーツには褪色(色の濃淡・色ムラ・くすみ)は僅かに見られるのかもしれませんが、目立つ擦れ、傷、汚れなどは見当たらず、裂けや欠けなど見られないことから概ね良好な状態と言えます。

【ピアス金具】
ピアスの金具は一般的なサイズ感の物がセットされております。擦れ、傷、褪色などは出ている可能性はありますが、機能確認もしておりますので、ご安心ください。

大胆なサイズ感ではありますが、斬新なアイディアが重く感じさせないデザインに繋がっている気がします。白い肌、小麦色に焼けた肌のどちらにも相性の良さそうな色味だと思いますので、季節を問わずお使いいただけるピアスだと思います。

aarikkaの歴史
すべてはボタンからはじまった。この言葉なしにはア−リッカの歴史は語れません。「aarikka」はカイヤ・ア−リッカとその夫エルッキ・ルオコネンによって1954年に創設されました。カイヤ・ア−リッカが工業専門学校の卒業制作でお洋服をデザインした時、好みのボタンが見つからず、自ら木製のボタンを作ったのがきっかけです。やがて、そのボタンが評判となり、ボタンからネックレス、イヤリング、ブロ−チなどのアクセサリ−までを手掛けるようになったのです。フィンランドの厳しい自然で育った白樺、松などを用いるのが特徴で、モダンなデザインと豊かな色彩で多くの人々を魅了し、愛され続けているのです。森と湖の国フィンランドにはたくさんの自然があり、1960年代には自然の中の動物をモチ−フとした作品が展開され、代表的なものに、「鳥さんシリ−ズ」「羊さんシリ−ズ」があります。「羊」はaarikka社のトレ−ドマ−クになっており、フィンランドで羊は、粘り強さ・前向きさの象徴とされているのです。動物シリ−ズにはこのほかに「猫さん」「ウサギさん」「象さん」などがあります。また、木製のキッチングッズは種類も豊富で、テ−ブルを楽しく演出してくれます。自然の素材の持つ優しさと温もりのある愛らしいデザインの「aarikka」はフィンランドのみならず、世界中の人々に愛され続けているのもまた嬉しい限りです。

Your recent history

Recommended