ARABIA "KILTA"(イエロー)ワイドプレート(21×31)

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ARABIA(アラビア)"KILTA"(キルタ / イエロー)ワイドプレート

■ カラー:イエロー
■ サイズ(約):タテ21 cm × ヨコ31 cm × 高さ3.9 cm
■ 素材:CERAMIC(陶磁器)
■ デザイン:KAJ FRANCK(カイ・フランク)
■ 製造年:1950 - 70年代
■ コンディション:★★★☆☆ 3.4
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ARABIA "KILTA"(イエロー)ワイドプレート

“KILTA” のワイドプレート(大きなスクエアプレート)です。かなり盛りけることのできる大きな器と言えます。一般的な丸型の器に比べると数少ない分、特別感があり、狙った色味と出合う機会はそう多くはありません。なんとなくお判りの通り製造工程も丸型より手間がかかる為に割高ですが、直線的な四角いお皿にしか出せない使い勝手、雰囲気、魅力をきっと見い出せるはずです。

"KILTA" は「Kilta Glaze」と呼ばれる、優しく発色する独特の釉薬が使用され、縁や角などには磁器の白色が浮き上がり、全体的に淡い風合に仕上げられております。

デザイナーのカイ・フランクが常に追い求め続けた事、それは「無駄なく・機能的・その場に馴染むもの」KILTAはその概念が色濃く反映されているシリーズだと思います。

カイ・フランク(1911−1988)
時代の空気を読み、数々の名作の生みの親でもあるカイ・フランク。アラビアにとって革命的なキルタをもたらしたデザイナ−。意外にも、本来はセラミックを専門とはしておらず陶芸の経験も一切ないまま、アラビアの門をたたき斬新なアイディアで戦後のアラビアを新たに構築していったのです。リ−ダらしい資質を持ち、教師としても優れた人物でした。カイ・フランクの教え子達は時代を担うデザイナ−へと成長し、カイ・フランクの精神は時を超えて受け継がれていくのです。

大きさはタテ21 cm × ヨコ31 cm × 高さ3.9 cm ほどになります。古い時代の器の為、長年経過による風合いの変化や色の褪色(色の濃淡、色ムラなど)は見受けられる部分はありますが、使用感は強くはありません。表層の細かな擦れや小キズ、くすみ汚れ、カトラリー跡など薄っすら見られる箇所はありますが、目立つ擦れ、キズ、汚れ、欠け、割れなど見られないことから、この年代の器として概ね綺麗な状態と言えます。※楊枝の先端で軽く刺した様な凹跡や、ゆらぎは多少感じられますが、これは焼成時に現れる個体差となります。

【表面(盛り付け面)】
TEEMAのイエローよりもやや淡く、良い感じにくすんだ感のあるイエローの色味が落ち着きと風格を放ち、ややクリームがかったイエローは優しい印象も持ち合わせています。表層の細かな擦れや小キズ、くすみ汚れ、カトラリー跡など薄っすら見られる箇所はありますが、目立つ擦れ、キズ、汚れなど見られないことから、この年代の器として概ね綺麗な状態と言えます。

【側面】
四隅には薄っすらくすんだ様な跡は感じられますが、いずれも目立つ跡ではなく、その他表層の細かな擦れや小キズは薄っすら僅かに感じる程度で、概ね綺麗な状態と言えます。

【縁】
釉薬ムラ、くすみ汚れなど薄っすら感じられる箇所はあるものの、概ね綺麗な状態と言えます。

【裏面】
白い座の部分には擦れ、くすみなどの使用感がある程度感じられますが、その他細かな擦れ、微細な点跡など僅かに感じる程度で、比較的綺麗な状態と言えます。短辺側の左隅に BA 32 s と刻まれる様に記されております。

TEEMAのイエローより気持ち薄めで良い感じにくすんだ様なイエローは KILTA らしさが存分に感じられ、きっと食卓を彩ってくれるシンプルながらに存在感のある器として美しく活躍してくれることでしょう。家族団欒、時にはパーティーやおもてなし用の器としても、きっと素敵に重宝してくれるはずです。全てを削ぎ落としたような使い易い、この食器には KILTA の魅力が宿っています。
販売価格 11,000円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数


Calendar

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
青印:実店舗は休み。(事前にご連絡を頂いた場合など営業することがございます。) ※休みの場合でもオンラインストアでのご注文は可能です。
Top