ARABIA "KILTA"(ブルー)ボウル(大)

販売価格 11,550円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ARABIA(アラビア) "KILTA"(キルタ / ブルー)ボウル(大)

■ カラー:ブルー(青)
■ サイズ(約):直径18.4 cm × 高さ9.8 cm
■ 素材:CERAMIC(陶磁器)
■ デザイン:KAJ FRANCK(カイ・フランク)
■ 製造年:1950-70年代
■ コンディション:★★★☆☆ 3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ARABIA "KILTA"(ブルー)ボウル(大)です。

"KILTA"(キルタ)は現在イッタラ TEEMA(ティ−マ)の前進と言われるシリーズで、1950 - 70年代 の器です。KILTA は後に発表される作品達に多大なる影響を及ぼしたとも言われています。無駄なものは全て削ぎ落とされ、普遍的なフォルムを持つ KILTA は革命とも呼ばれ、世界中の方々から今も変わらず高く評価されているシリーズです。

薄っすらと紫がかった様なブルーの色味には艶やかさと深みを感じ、カジュアルでありながらも品が感じられ、あらゆるシーンで活躍してくれる器と言えます。

"KILTA" には「Kilta Glaze」と呼ばれる、優しく発色する独特の釉薬が使用され、縁や角などには磁器の白色が浮き上がり、全体的に淡い風合に仕上げられている特徴を持っています。

デザイナーのカイ・フランクが常に追い求め続けた事、それは「無駄なく・機能的・その場に馴染むもの」KILTAはその概念が色濃く反映されているシリーズだと思います。

カイ・フランク(1911−1988)
時代の空気を読み、数々の名作の生みの親でもあるカイ・フランクはアラビアにとって革命的なキルタをもたらしたデザイナ−。意外にも、本来はセラミックを専門とはしておらず陶芸の経験も一切ないまま、アラビアの門をたたき、斬新なアイディアで戦後のアラビアを新たに構築していったのです。リ−ダらしい資質を持ち、教師としても優れた人物でした。カイ・フランクの教え子達は時代を担うデザイナ−へと成長し、カイ・フランクの精神は時を超えて受け継がれていくのです。

経年による風合いの変化、表層の擦れやキズ・くすみ・色褪せなどの使用感は感じられますが、いずれも強いキズの様な気に障る感じの跡では無く、実用性に富み使用されてきた KILTA らしさの一つと捉えられる程度の跡で、欠けや割れなど見られないことから、古い年代の器として比較的綺麗な状態と言えます。

※釉薬ムラ、微細な色飛びの様な白い小さな点跡は少しだけ感じられる状態ですが、気になる程目立つ跡ではありません。

【表面 / 側面】画像1 - 4
表層の擦れやキズ(画像5)、一部艶の低下などの使用感は感じられるものの、いずれも強いキズの様な跡などでは無く、比較的綺麗な状態と言えます。

【内面】画像6
表層の擦れやカトラリー跡(画像7 - 9)・くすみ・色褪せなどの使用感は感じられますが、微細なキズは僅かに感じる程度で、いずれも強いキズの様な気に障る感じの跡では無く、実用性に富み使用されてきた KILTA らしさの一つと捉えられる程度の跡で、比較的綺麗な状態と言えます。

【縁】画像10,11
既に記した「Kilta Glaze」の感じは見受けられるものの、手で撫でるとほぼ滑らかで、概ね綺麗な状態と言えます。

【裏面】画像12
白い座の部分の擦れ、くすみ汚れなどは感じられますが、高台内の細かな擦れやくすみなど僅かな程度で、概ね綺麗な状態と言えます。ARABIA 旧ロゴ バックスタンプは消えている箇所はありますが、比較的残っております。

全てを削ぎ落とした様なシンプルでシャープな KILTA は美しくて使い易すさはお墨付き。一見大きそうですが、ハンドリングも良く、麺類のどんぶり的使い方も斬新で、いい感じに使って頂けそうな気配がするので、麺好きの方にもお勧めです。未だ色褪せることのない KILTA の魅力は単色無地の色味にもあると思います。他の食器との相性も抜群なので、既にお持ちの食器達ともきっと仲良くテーブルを彩ってくれます。ちょっとしたサラダボウル、パスタなどを盛り付けても素敵だと思います。

Your recent history

Recommended

Mobile