カバの "HENRI HIPPO"(レッド)ミニ貯金箱

販売価格 0円(税込)
在庫数 在庫 0 点 SOLD OUT

SOLD OUT
ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カバの "HENRI HIPPO"(ヘンリー ヒッポ / レッド)ミニ貯金箱

■ カラー:レッド / 透明(スケルトン)
■ サイズ(約):幅5.5 cm × 体長10.5 cm × 高さ5 cm
■ 素材:プラスチック
■ デザイン:MK-TUOTE 社(現 MK TRESMER 社)
■ 製造年:1970 - 80年代
■ コンディション:★★★☆☆ 3.3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カバの "HENRI HIPPO"(ヘンリー ヒッポ / レッド)ミニ貯金箱

1980年代以降の当時、フィンランドの銀行のノベルティとして配られていた、現 MK TRESMER(エムケー トレスマー)社が製造した “Henri Hippo”(カバのヘンリーくん)が象られたミニ貯金箱となります。今回の色味は レッド / スケルトンタイプ となります。

1970 - 80年代頃に作られたキャラクターで、“カバのヘンリー”と名付けられ、顔付き、ポッチャリとしたお尻、佇まいなどの表情は多くの心を鷲掴みにし、今現在でも多くのファンを持つ愛されキャラへと変貌を遂げたのです。子供向けに作られた想いから、なんとも愛くるしい表情は国民的アイドル的存在だったのではと想像は膨らむばかりで、子供達への愛情を感じさせてくれる癒し系の貯金箱であり、フィンランドのお国柄までも感じさせてくれています。

今回のお品は裏面を見る限り、"made in Finland・MK-TUOTE AB" と刻まれており、MK TRESMER 社の前身である MK-TUOTE 社 で作られたことの証となります。この MK-TUOTE 社は1959年に創業され、当時プラスチック製品のデザイン、型の製造、プロダクションまでを一貫して行っており、現在では貯金箱だけにとどまらず、あらゆる方面で活躍をしている企業となります。

当時、銀行のノベルティーとして、顧客(のお子様)、新規口座を開設する子供向けに用意されたもので、「お金が貯まったら持っておいで、それまで鍵は当銀行が責任を持って預かっとくからね」と伝え、貯まったら銀行窓口で鍵を開けてくれるシステムだった様です。その為、基本的には鍵が残っていないのが当たり前で、この温かいエピソードが本当に大好きです。

経年による風合いの変化、一部くもった感は薄っすら感じられますが、その他表層の細かな擦れやキズ、褪色など薄っすら感じられる程度で、目立つ擦れ、キズ、汚れ、欠け、割れなど見当たらず、ある程度時の経過したプラスチック製の貯金箱として、概ね綺麗な状態と言えます。※製造段階で産まれたと思われるアウトラインのバリの様な跡、型ムラ(画像9)、素材肌などの個体差は出ている可能性がございます。

【表面】
すっとぼけた表情で、ただ佇んでいる感じ、ペロンと垂れ下がった尻尾などがたまりません。背中にコインを入れ込む切れ込み(画像7)が設けてあり、その上にフィンランドの銀行「dp bank」ロゴマークが金色(サンド色)で印字されています。右の頬にくもった感(画像8)は薄っすら感じられますが、その他表層の細かな擦れやキズ、褪色など薄っすら感じられる程度で、目立つ擦れ、キズ、汚れなど見当たらず、概ね綺麗な状態と言えます。

【裏面】画像10
今回のお品は "カバのヘンリーくんのアウトライン、HENRI HIPPO ロゴ、MK-TUOTE" と刻まれてある長方形の部分(画像10)の4つの隅っこをカットして開けるタイプと推測できます。その為、鍵のタイプではない様です。更には画像では捉え切れませんでしたが、アゴ下の部分に手でコインを投入しているシーンの絵と "made in Finland・OY-MK-TUOTE AB"(画像11) が刻まれております。座を兼ねていることもあり、擦れやキズは感じられるものの、強く気に障る感じではなく、比較的綺麗な状態と言えます。

想像で大変恐縮なのですが、当時、大人も欲しがる方が多かったのではないか!? はたまた、最初はそんなに人気はなかったのではないか!?とか色んな想いが飛び交います。フィンランドの人々にとっては誰もが一度は経験する思い出深い一品をあなたの元で一緒に暮らしてみませんか。きっと癒し系の存在になってくれること間違いありませんと声を大にして言いたくなります。

Your recent history

Recommended

Mobile