Hungary(ハンガリー)vintage オーバーシャツ(スタンドカラー)

販売価格 38,500円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Hungary(ハンガリー)vintage オーバーシャツ(スタンドカラー)

■ カラー:ナチュラル(生成色)
■ サイズ表記:なし
■ 素材:麻素材
■ デザイン:ーーー
■ 製造年:1930 - 50年代 vintage
■ コンディション: ★★★☆☆ 3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Hungary vintage オーバーシャツ(スタンドカラー)
年代は正確には判りかねますが、おそらく1930-50年代のオールドリネン生地を使って、手作業で縫製されているプルオーバータイプのオーバーシャツと推測され、ユニセックスで楽しんでいただける期待感を抱いております。

麻の織りに味があり、天然素材の証と言えるネップが所々に感じられ、現代ではなかなか再現することが容易ではない、高密度に織り上げられ肉厚の麻生地をたっぷりと使って仕上げられています。現代の最先端の衣類のように軽さは微塵もありませんが、古き良き時代背景を存分に感じられ、この風合いと表情の豊かさは独特な存在感を放っています。

このオーバーシャツの特徴はスタンドカラーで、1個ボタン式(おそらく引っ掛けループが外れているか、イミテーションボタンと思われます。)のプルオーバータイプとなります。上胸部はVゾーン(画像2)を呈し、首元から胸にかけて装飾されています。各袖先端はたっぷりとギャザーが取られ、1個のボタンによる引っ掛けループ留め仕様で、上背部にもたっぷりとギャザーが取られています。

今となっては、なかなか正確な年代を判別するのは難しいのですが、古い衣類であることは容易に感じていただけるはずです。長年経過した衣類らしい風合いの増した生地感と独特の雰囲気を持っており、黄ばみの様なシミが1箇所、異物が購入している様な跡など薄っすらと見受けられるものの、いずれもこの服の雰囲気に飲み込まれている感があり、強く気に障る跡などではないと思います。その他擦れ、キズ、汚れ、褪色は目立つものではなく、この時代の衣類として比較的綺麗な状態と言えます。ネップ(画像19 / キズなどではありません)が所々にあり、異物混入(画像18)や織りキズは出ている可能性はございますが、生地に裂けや穴などは見られません。

サイズ表記:なし
約 着丈100 cm × 肩幅47 cm × 脇下身幅63 cm × 袖丈57 cm
実寸平面寸法です。少しでもサイズ感の参考にしていただければ幸いです。多少の計測誤差はご容赦下さい。

※前身頃、後身頃共に中央(首元から裾まで)縦の切り返しの様なデザインで、前面胸元は同素材で装飾(画像5,6)され、上背部はギャザーが(画像16)取られています。大変凝ったデザインですが、同素材・同色で作りこまれていますので、さりげない遊び心に感じられます。

【表面】
襟、胸、上背部に特徴を持ったオーバーシャツとなっています。この肉厚で頑丈な独特のゴワゴワ感は長年の経過と共に風合いが増し、決してゴワゴワするだけには思えず、肌触りの良い温かみにも富んだ着心地を実感していただけると思います。胸の装飾の左側に黄ばみの様な薄茶色のシミが1箇所(画像4)見られるものの、その他は麻素材に異物購入が多少見られる程度で、いずれもこの服の雰囲気に飲み込まれている感があり、強く気に障る跡などではないと思います。その他擦れ、キズ、汚れ、褪色は目立つものではなく、この時代の衣類として比較的綺麗な状態と言えます。

【内面】
裏地はありません。

【襟】画像3,4
襟はスタンドカラーで、擦れにくいように、一部二枚構造になってたりします。そのままVゾーンを形成しています。ボタンが一つセットされておりますが、ボタンホール、引っ掛けループなどはなく、イミテーションボタンかもしれません。くすみ汚れなど薄っすら出ている可能性はありますが、概ね綺麗な状態と言えます。※アタリは出ている可能性はございます。

【袖】画像7,8,9
袖にはギャザーが施されています。右の前腕辺りに黄ばみのようなシミ(画像20)が見受けられますが、目立つ跡ではないと思います。その他くすみ汚れなど薄っすら出ている可能性はありますが、比較的綺麗な状態と言えます。※アタリは出ている可能性はございます。※右袖のボタンは残っておりますが、引っ掛けループが外れ(画像8)ています。

【裾】画像14
アタリは出ている可能性はありますが、くすみ感は僅かな程度で概ね綺麗な状態と言えます。

現代の衣類と比べたら、決して軽く機能的な衣類とは程遠い服と言えるのかもしれませんが、比較対象にはならないと思います。全くの別物としてご評価を頂ければ幸いです。現代容易に真似する事のできない特別な生地感と雰囲気を持ったオーバーシャツは直接着用するというよりはアンダーウェアなどを着た上から被る感じで着用して頂ければと思います。デニムとの相性は抜群だと言えますが、チノパンなども甲乙つけ難いコーディネートだと思います。大変雰囲気を持ったアイテムなので、思い思いでおしゃれを楽しんで頂ければ嬉しく思います。

Your recent history

Recommended