ARABIA GD シリーズ "MAHONKI"(茶・黒系)ティーポット(大)

販売価格 10,780円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ARABIA(アラビア)GD シリーズ "MAHONKI"(マホンキ=マホガニー)ティーポット(大)


■ カラー:茶 × 黒の縞模様(MAHONKI:ツヤありのタイプとなります。)
■ サイズ(約):底面直径13 cm(注ぎ口先端〜持ち手の端まで21 cm)× 高さ18 cm(底面〜蓋のトップまで)
■ 容量(約):〜1000 ml 程度(表記なし)
■ 素材:CERAMIC(陶磁器)
■ デザイン:Ulla Procope(ウラ・プロコッペ)
■ 製造年:1960 - 70年代 vintage
■ コンディション:★★★☆☆ 3.5
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ARABIA社を代表する主力で人気デザイナーの Ulla Procope(ウラ・プロコッペ)の感性によって 1960年代に手掛けられたシリーズ作品となります。

GD シリーズの中でも表情によって呼び名が異なり、本品の "MAHONKI"(マホンキ=マホガニー)はツヤのあるタイプ。一方ツヤのないタイプは KAARNA(カーナ=樹皮の意)と名付けられたのです。どことなく土臭さが感じられ、日本の和を彷彿させられるデザインに仕上がっており、ツヤ感のある茶と黒色の美しい釉薬と縞模様が独特で、なんとも言えない表情の豊かさが感じられ、大変趣のある、日本人として思わず笑みを浮かべてしまう様な作品と言えます。

経年による風合いの変化や釉薬ムラは見受けられますが、使用感は強くは感じられず、目立つ擦れ、傷、汚れなどは見当たらず、欠けや割れなど見られないことから、この年代の陶磁器製のポットとして概ね綺麗な状態と言えます。※表面のツヤ感ムラは感じられますが、これらもGD シリーズらしさであり、最大の特徴と捉えて頂ければ幸いです。

【表面】
茶と黒の縞模様が独特で、なんとも言えない表情と風合いの変化を実感していただけると思います。釉薬ムラ、ツヤの濃淡や低下、くすみなどは GD シリーズらしく感じられる部分はありますが、目立つ擦れ、傷、汚れなどは見当たらず、欠けや割れなど見られないことから、概ね綺麗な状態と言えます。

【注ぎ口】
釉薬ムラ、ツヤの濃淡や低下は感じられるものの概ね綺麗な状態と言えます。液切れも問題なく、しっかりとデザインされ、作り込まれている印象です。(画像6,7)

【内面】
独特の釉薬の表情が現れております(画像13)。使用感は少なめに感じられ、概ね綺麗な状態と言えます。※注ぎ口の内部には茶こしの様な役目をする為7つの穴(画像14)が設けられております。

【淵】
ティーポット本体の淵には釉薬のムラなどによる凹凸感は感じられますが、欠けや割れなど無く比較的綺麗な状態と言えます。蓋との相性も適正で、差し込む様に入れる形となります。内部で引っ掛かるストッパーの様なものはついていないので必ず手を添えるなどして優しく注いであげて下さい。(画像10,11)

【蓋】
蓋のトップに駒形のつまみが付いており、扱い易さにも優れています。本体へ差し込む部分が約2.5 cm ほどございます。表面の細かな擦れ・キズ・くすみなどは多少感じられるものの、いずれも強い跡などではなく、内面の白い部分や淵などに細かな擦れの様な、くすみの様な跡は見受けられますが、比較的綺麗な状態と言えます。(画像5,12)

【持ち手】
しっかりと握ることができます。釉薬ムラ、ツヤの濃淡や低下は感じられるものの概ね綺麗な状態と言えます。(画像8,9)

【裏面】
釉薬ムラ、白い座の部分の擦れ、汚れなどある程度感じられますが、その他擦れや汚れなど僅かに感じる程度で比較的綺麗な状態と言えます。ARABIA ロゴは見当たりませんが、アルファベット・数字の様なものが刻まれ残っております。 (画像15)

フィンランドと日本(和の雰囲気)がタッグを組んだ様なデザインは表情が豊かな割に、落ち着いた堂々とした雰囲気を持ち合わせ、和・洋・中のティータイムのお供、主役となってくれそうです。そんな存在感抜群のティーポットを迎え入れてみませんか。きっとあらゆるシーンに馴染み活躍してくれると思います。手のサイズにもよりますが、蓋を外して拳を入れ込むことができますので、日頃の手洗い、メンテナンスにも配慮された抜かりのないティーポットと言え、衛生的でもあるのです。

Your recent history

Recommended