FINNAIR × Schonwald ロングプレート(23×11cm)

販売価格 4,950円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
FINNAIR(フィンエアー)× Schonwald(シェーンヴァルド) ロングプレート

■ カラー:白 × 青濃淡(青×ブルーグレー)
■ サイズ(約):ヨコ23.3 cm × タテ11.2 cm × 高さ2.8 cm
■ 素材:CERAMIC(陶磁器)
■ デザイン:Tapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)
■ 製造年:1960 - 70年代
■ 生産国:"Germany"との記載あり
■ コンディション:★★★☆☆ 3.5
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
FINNAIR(フィンエアー)のエアライングッズ、1960 - 70年代頃に製造された四隅がカットされているフォルムのロングプレートになります。

フィンランドのデザイナー Tapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)が 1969年にヘルシンキ - ニューヨークの就航を記念して作られた FINNAIR(フィンランド航空)初の長距離航空機ファーストクラス用の器になります。メーカーは ドイツの Schonwald(シェーンヴァルド)社製で、デコレーションデザインは Tapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)が手掛けており、とてもフィンランドらしいアイテムでのおもてなしと言えるでしょう。

いくらファーストクラスといっても、ある程度制限を受ける機内でのスペースを有効且つ快適に食事をしていただく為に、四隅を斜めにカットし、他の食器類との相性と緩衝を避けることを兼ねたデザインとなっており、食器の回収・収納など考えスタッキングできる仕様にもなっているのです。洗練されたフォルムデザインの表面には "FINNAIR" の頭文字 “F” の文字が描かれ、濃淡ブルーの色味で彩られています。大空を優雅に羽ばたいている鳥の群れをヒントにデザインされたのではと想像は膨らみます。現在も機体の所々にデザインされている F のロゴマークは、飛行機を象ったものとされています。

Tapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)
彼は1933年から数年の間ヘルシンキの美術工芸大学で彫刻を学び、その後、彫刻家とグラフィックデザイナーの仕事を兼任。1947年イッタラ社主催のガラスコンペに応募し、カイフランクとともに最優秀賞を受賞。カイフランクと並ぶフィンランドを代表する有名なデザイナーです。彼の作品にはガラス製品が多く見られ、こちらは数少ない陶磁器作品の一つとも言える、とても珍しいレアな珍品と言えるでしょう。更にはフィンランドで製造されたものではなく、ドイツのSchonwald 社で造られフィンランド航空に納められた逸品なのです。

大きさはヨコ23.3 cm × タテ11.2 cm × 高さ2.8 cm ほどになります。経年による風合いの変化は少し感じられる部分はありますが、使用感は少なめに感じられ、凝視すると僅かな擦れ、小さな点跡など感じる程度で、その他目立つ擦れ、くすみ汚れなどは見当たらず、欠けや割れなど見られないことから、この年代の器として概ね綺麗な状態と言えます。これらもvintage物としての味、風合いの変化、表情などと捉えて頂ければ幸いです。

【表面】
FINNAIR の頭文字 “F” で機体を表現しプレートの淵に沿うようにして青とブルーグレーが交互に配され、可愛らしく、さりげなくデコレーションされ、シンプルな雰囲気をお楽しみいただけます。凝視すると薄っすらとしたくすみの様な跡は感じる箇所はありますが、細かな擦れ、カトラリー跡などは殆ど見当たらず、概ね良好な状態と言えます。

【淵】
凝視すると極小さな点跡が2箇所ありますが、目立つ跡ではなく、概ね綺麗な状態と言えます。

【裏面】
お皿の深さを確保する立ち上がり(サイド面)の1箇所の表面に筋状の擦れの様な小さなキズの様な跡(画像4)が見られますが、強い跡ではないこと、もしかすると貫入跡ではないかと思える程度の跡で、然程気になる跡などではないと思います。その他細かな擦れや汚れなど僅かな程度で概ね綺麗な状態と言えます。中央の下にくすんだ緑色で Schonwald 社のロゴ、Germany などの印がプリントされ、綺麗な状態で残っております。

フィンランド航空の歴史の一コマを垣間見れる作品と言えます。機内用の食器だけにシンプルで何かと使い易い機能美的な遊び心溢れる器と言えます。FINNAIR ファンの方はもちろんなのですが、Tapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)のデザインに惹かれている方にもお勧めできる器です。是非、日々の暮らしの一枚、あるいはコレクターアイテムとして迎え入れてみませんか。

Your recent history

Recommended