aarikka "ポット(やかん)ブローチ" 赤紫色

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
aarikka(アーリッカ)"ポット(やかん)ブローチ"

■ カラー:赤紫色、金属色
■ 素材:木製、金属、ブローチ金具
■ サイズ(約):タテ4.7 cm × ヨコ6 cm × 厚み1.5 cm(ブローチ金具含む)
■ 製造年:ーーー
■ コンディション:セカンドハンド ★★★☆☆ 3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第一印象はポット(やかん)かな?水差しかな?なんなんだろう?といった感じで、出合った瞬間はパッとしなかったのですが、にらめっこして良く見ているうちに、ジワジワっとなんか素敵なモチーフでシンプルながらに斬新な雰囲気も持ち合わせている個性的なブローチだと感じました。余談はこれくらいにして本題に戻ります!

金属製の3/4リングがポットの持ち手だと思われます!本体は四角い形状、その先に注ぎ口がスッと延びている感じのデザインになっていますので、水差しではないかと感じてきました!

赤紫色のような、はたまた赤茶色のような色味で塗られた木製パーツには木目を感じることができます。木製部分のエッジの部分に色落ちした箇所や褪色(色の濃淡、色ムラ、くすみ)が多少見受けられる箇所がございます。また、金属部分の褪色(くすみ、くもったような跡)、細かな擦のような跡なども多少感じられる箇所がございます。いずれも、今の物ではないと考えれば気に障るような強い擦れや傷などには感じられず、欠けや割れなど見られないことから比較的綺麗な状態と言えます。

【表面】
斬新なデザインをご堪能ください。木製部分のエッジの部分に色落ちした箇所、その他褪色が多少見受けられますが、金属部分の褪色、細かな擦のような跡などは多少感じられる程度で、比較的綺麗な状態と言えます。

【裏面】
擦れ、傷、汚れなどは僅かに感じられる程度で比較的綺麗な状態です。

【ブローチ金具】
ブローチの金具に関しましては、ピンの先端を所定の位置に入れ込み、ストッパーを回転させるダブルロック機構となっております。細かな擦れ、くすみ(曇り)汚れのような跡は多少見受けられるものの、機能的には全く問題はなく良好な状態と言えます。硬い生地などへ取り付ける際にはピンの変形、破損などにはお気をつけくださいませ。

木と金属のシンプルなパーツだけを組み合わせて生まれた斬新なデザインのブローチを胸元などのお気に入りの場所に身に着けたりしてお楽しみいただけます。平らなところであれば自立するので、ショーケース棚などにさりげなく佇ませても斬新な小さなインテリアになってくれるかもしれません。

aarikkaの歴史

すべてはボタンからはじまった!
この言葉なしにはア−リッカの歴史は語れません。
「aarikka」はカイヤ・ア−リッカとその夫エルッキ・ルオコネンによって1954年に創設されました
カイヤ・ア−リッカが工業専門学校の卒業制作でお洋服をデザインした時、好みのボタンが見つからず、自ら木製のボタンを作ったのがきっかけです。やがて、そのボタンが評判になり、ボタンからネックレス、イヤリング、ブロ−チなどのアクセサリ−までを手掛けるようになったのです。

フィンランドの厳しい自然で育った白樺、松などを用いるのが特徴で、モダンなデザインと豊かな色彩で多くの人々を魅了し、愛され続けているのです。

森と湖の国フィンランドにはたくさんの自然があり
1960年代には自然の中の動物をモチ−フとした作品が展開され
代表的なものに、「鳥さんシリ−ズ」「羊さんシリ−ズ」があります。

「羊」はaarikka社のトレ−ドマ−クになっており、フィンランドで羊は、粘り強さ・前向きさの象徴とされているのです。動物シリ−ズにはこのほかに「猫さん」「ウサギさん」「象さん」などがあります。
また、木製のキッチングッズは種類も豊富で、テ−ブルを楽しく演出してくれます。自然の素材の持つやさしさと温もりのある愛らしいデザインの「aarikka」はフィンランドのみならず、世界中の人々に愛され続けているのもまた嬉しい限りです。
販売価格 3,300円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数


2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
出張・買付・年末年始・その他の休み等で、お問い合わせ・ご注文後の受注確認メール・配送業務など対応できない期間は紺色で表示させて頂きます。 【実店舗 ENN 営業について】 事前にご連絡頂くのが一番確実です。 営業時間:OPEN 13:00 - CLOSE 17:00 ※時間外をご希望の場合にはお聞かせ下さい。
Top