marimekko vintage Men's "JOKAPOIKA" 紫×紺

販売価格 5,400円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
marimekko(マリメッコ)vintage Men's "JOKAPOIKA"(ヨカポイカ)

■ カラー:紫×紺×第3の色味
■ サイズ表記:38(men's)
■ 素材表記:100% COTTON
■ デザイナー:vuokko eskolin nurmesniemi (ヴォッコ・エスコリン-ヌルメスニエミ)
■ 製造年:1960年代 vintage
■ コンディション:★★★☆☆ 3.2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
marimekko(マリメッコ)vintage Men's "JOKAPOIKA"(ヨカポイカ)シャツです。

台襟でない、やや大きめの襟がセットされ、前身頃(7個)、各袖口(1個)のmarimekkoらしい金属ボタンによる開閉式で左胸には四角いポケットが用意され、裾の両サイドにはスリットが設けられ、袖口は緩やかなカーブを描いたボックスシャツと言えます。

サイズ感 / サイズ表記:38(Men's)
平面寸法を掲載させていただきます。少しでもサイズ感の参考にしていただければ幸いです。
約 着丈72 cm × 肩幅40 cm × 脇下身幅50 cm × 袖丈61.5 cm ほど

経年変化、着用感があり、長年の経過と共に風合いの変化が見られ、アタリと呼ばれる擦れによる褪色(色の濃淡、色ムラ、色落ちなど)は見られる箇所もありますが、古き良き時代の良質な綿生地だからこそ、生地に裂けや穴など見受けられず、まだまだシャツとしてvintageの雰囲気を出しながら楽しめる状態でいられるのだと思います。これらも今の物とはまた違った味、風合いの変化、表情、魅力などと捉えていただければ幸いです。

【表面】
手描き感あふれるストライプは紫と紺が重なり合い、第3の絶妙な色味(濃い紫の様)が生まれています。これは当時のプリント技術の継承が垣間見れる瞬間で、楽しみの一つと言えます。長年の経過によって風合いの変化、褪色は見られるものの、目立つ様な汚れなどは見受けられず、生地に裂けや穴など見られないことから長年経過した衣類として比較的綺麗な状態と言えます。

【内側】
概ね綺麗な状態と言えます。経年変化は出ている可能性はございます。

【襟】
台襟ではなく、普通よりやや大きめの襟がセットされています。アタリと呼ばれる擦れや褪色によって白っぽく見える箇所はありますが、生地に裂けや穴など見られないことから、この年代の衣類として比較的綺麗な状態と言えます。

【袖】
なめらかなカーブを描いたフォルムでマリメッコらしい金属ボタンが一個セットされております。アタリと呼ばれる擦れの様な跡、褪色は見られるものの、裂けや穴など見られないことから比較的綺麗な状態と言えます。

【裾】
裾の両サイドには10 cmほどのスリットが施されております。アタリと呼ばれる擦れの様な跡、褪色は見られるものの、裂けや穴など見られないことから比較的綺麗な状態と言えます。
 
【ポケット】
左胸には四角いポケットが一個セットされております。若干アタリの様な跡は見られるものの比較的綺麗な状態と言えます。

【ボタン】
前身頃、袖口にはmarimekkoらしい金属ボタンがセットされており、ボタン及びホール共に機能確認済みですのでご安心ください。

JOKAPOIKA(ヨカポイカ)「全ての少年」シャツは手描き感溢れるストライプ柄とmarimekkoらしい金属ボタンを組み合わせたシャツでモダンでありながら、愛嬌たっぷりなシャツと言えます。

PICCOLO(ピッコロ)柄が使用されているこのJOKAPOIKA(ヨカポイカ) SHIRTのDesignもまたvuokko eskolin nurmesniemi (ヴォッコ・エスコリンーヌルメスニエミ)によって手掛けられているのです。

marimekko(マリメッコ)社の誇る定番中の定番で
クラシックな作品の一つに1956年から一度も途切れることもなく
現在に至るまで生産されているJOKAPOIKA(ヨカポイカ)
このシャツは発売されてまもなく建築家をはじめとする
その他、多くのクリエイティブな人たちの間で
話題・人気を博しました。ヨカポイカを着てワインを飲み、様々なシーンで活躍する。時が経つにつれて、さらに人気は高まり人気層がだんだん広がり、その名の通り、「全ての少年」シャツと
世界中のファンから愛されるようになります。このシャツは街中や田舎関係なくあらゆるところで見かけるようになり、男性、女性、一般人、著名人も分け隔てなく多くの方々に愛されています。2010年代頃までにこのピッコロという生地からは約800もの配色が生まれました。
色のパターンはヴォッコが1950年代に使っていた
プリント技術が存分に生かされ、今現在も色褪せることはありません。時にはふたつのストライプが部分的に重なり重なった部分が第3の色として誕生することも楽しみの一つです。
ENN scandinavian designとしてもまた新たなご縁を楽しみにしております。

Vuokko Eskolin-Nurmesniemi
(b. 1930 Helsinki, Finland)
Jokapoika(Every Boy)
shirts for Marimekko,1956

Jokapoikaとは全ての少年(Every Boy)の意
使用されているDesign(textile)は1953年にvuokko eskolin-nurmesniemi(ヴォッコ・エスコリンーヌルメスニエミ)
によってデザインされたPiccolo patternを使用し、1956年にJokapoika shirtが誕生し、現代も引き継がれ、本国はもちろん、世界中で愛されているのです。

vuokko eskolin-nurmesniemiは当時はmarimekkoに所属していた伝説のデザイナ−!1960年代に独立しVUOKKO ブランドを立上げ 、素晴らしい、秀逸な作品が多く評価も高いのです。

Your recent history

Recommended

About the owner

ENN scandinavian design 店主

●買付(7月末頃を予定しております。) ●ご不明な点などございましたら、お気軽にメールや電話などで事前にお問い合わせください!