ARABIA “faenza(青)” vintage コーヒーカップ&ソーサー

販売価格 11,847円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ARABIA(アラビア)“faenza(青)”(ファエンツァ)vintage コーヒーカップ&ソーサー

■ カラー:白 × 青(コバルトブルー)
■ サイズ(約):
カップ:直径(口径)7.7 cm × 高さ6 cm(ソーサーセット時高さ6.6 cm)
ソーサー:直径15 cm × 高さ1.7 cm
■ 素材:CERAMIC(陶磁器)
■ フォルムデザイン:Peter Winquist(ペテル・ウィンクヴィスト)
■ デコレーションデザイン:Inkeri Seppala(インケリ・セッパラ)
■ 製造年:1970年代 vintage
■ コンディション:★★★☆☆ 3.7
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ARABIA(アラビア)“faenza(ファエンツァ)” vintage コーヒカップ&ソーサーの青の花バージョンとなります。

カップから溢れんばかりに描かれた小さな花柄はレトロ感満載でとても可愛らしく、コバルトブルーの様な何とも言えない青色の色味は可愛らしさと大人の雰囲気を持ち合わせ、魅力溢れる作品と言えます。

faenza(ファエンツァ)は1973〜79年にPeter Winquist(ペテル・ウィンクヴィスト)がフォルムデザインを手掛け、Inkeri Seppala(インケリ・セッパラ)がデコレーションデザインを手掛けた作品で、Faenza国際陶芸展で金賞を受賞したことからfaenzaと命名されたのです。

コーヒーカップ
経年による風合いの変化や使用感は少なめに感じられ、表面の艶やかさは失われておらず、コバルトブルー色の花びらの群生部分の目立たない箇所に滲みの様な跡は僅かに見られるものの、擦れや傷、汚れなどほぼ見当たらず、内面の細かな擦れ、カトラリー跡など僅かな程度で、欠けや割れなど見られないことから、この年代のvintageの器として概ね良好な状態と言えます。これらもvintage物としての味、風合いの変化、表情などと捉えていただければ幸いです。

【表面】
白地に小さなコバルトブルー色の花びらが可愛らしく描かれた作品です。可愛らしい花は群れとなりお花畑にいるかの様です。花びらの群生部分の目立たない箇所に滲みの様な跡は僅かに見られるものの、擦れや傷、汚れなどほぼ見当たらず、概ね良好な状態と言えます。

【内面】
底部の細かな擦れ、カトラリー跡など僅かな程度(画像6,7)で、概ね良好な状態と言えます。

【淵】
綺麗な状態です。

【持ち手】
経年による風合いの変化、細かな擦れ、釉薬ムラの様な跡(画像8,9)は少し見受けられますが、強い跡ではなく、比較的綺麗な状態と言えます。

【裏面】
細かな擦れ、小さな傷、くすみなど少なめで、概ね綺麗な状態と言えます。中央にはARABIA、faenza の古いロゴスタンプが薄れはありますが、比較的綺麗な状態で残っております。

ソーサー
コバルトブルー色のシンプルなラインデザインは上に乗るカップの為の舞台の様でしっかりと引き立て役も担っています。ライン上の擦れや傷など殆ど見当たらず、淵に若干の滲みの様な跡が見られ、極小さな茶色い点汚れ跡は見られるものの、目立つ気に障るような跡ではありません。その他細かな擦れ、カトラリー跡など殆ど見当たらず、欠けや割れなど見られないことから、この年代のvintageの器として概ね良好な状態と言えます。

【表面】
淵に若干の滲みをまといながらの味のあるコバルトブルー色のラインデザインが美し過ぎます。極小さな茶色い点汚れ跡は2箇所ほど(画像12,13)見られますが、強く目立つ跡などではありません。その他細かな擦れ、カトラリー跡など殆ど見当たらず、概ね良好な状態と言えます。

【淵】
手で撫でると僅かなゆらぎの様な跡は見られるものの概ね綺麗な状態と言えます。

【裏面】
焼成時にどうしても残ってしまう支柱跡(画像14)が3箇所見られます。また、ARABIA ロゴの右上付近にゆらぎの様な跡(画像15)は見られるものの、目立つ擦れ、汚れなど見当たらず、概ね綺麗な状態と言えます。中央のARABIA faenza などの古いロゴスタンプは概ね綺麗な状態で残っております。

ソーサーに描かれたコバルトブルー色のラインが力みなぎる大地、乗ったカップの花びら達が元気な姿で迎えてくれる様な器です。コーヒー、紅茶などを注ぐと、容量は多過ぎず、少な過ぎず、いい感じのサイズ感で雰囲気も抜群と言えますので、至高な珍しい一品と共に素敵な時間をお過ごし下さい。

Your recent history

Recommended