ARABIA "KILTA"(ダークブラウン)ティーポット

販売価格 5,400円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ARABIA(アラビア)"KILTA"(キルタ)ティーポット

■ カラー:ダークブラウンあるいは黒色
■ サイズ(約):ポットの注ぎ口〜持ち手まで15.5 cm × 最大直径9.7 cm × 蓋付時の高さ9.6 cm ほど
■ 容量:約 300 -350 ml ほど
■ 素材:CERAMIC(陶磁器)
■ デザイン:KAJ FRANCK(カイ・フランク)
■ 製造年:1950-70年代 vintage
■ コンディション:★★★☆☆ 3.3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ARABIA "KILTA" のティーポット です。黒っぽい濃い茶色の色味をしています。

カイ・フランク(1911−1988)
時代の空気を読み、数々の名作の生みの親でもあるカイ・フランクはアラビアにとって革命的なキルタをもたらしたデザイナ−。意外にも、本来はセラミックを専門とはしておらず陶芸の経験も一切ないまま、アラビアの門をたたき、斬新なアイディアで戦後のアラビアを新たに構築していったのです。リ−ダらしい資質を持ち、教師としても優れた人物でした。カイ・フランクの教え子達は時代を担うデザイナ−へと成長し、カイ・フランクの精神は時を超えて受け継がれていくのです。

経年による風合いの変化、使用感は感じられ、1箇所小さなくぼみ跡が見られ、表面の細かな擦れや小さな傷、褪色(くすみ、艶の低下)は多少感じる部分もありますが、目立つ擦れ、傷、汚れなどは見受けられず、欠けや割れなど見られないことから、この年代の陶磁器製のポットとして比較的綺麗な状態と言えます。これらもvintage物としての味、風合いの変化、表情、魅力などと捉えていただければ幸いです。

蓋の内側の前後に突起が二つ出ております。この突起を先ず注ぎ口側の内側に斜めに入れ込み、そのまま本体の持ち手側の切れ込みに合わせて蓋を閉め、回転させることで開きにくくなるタイプとなります。持ち手を持ちながら親指で蓋も抑えられるので片手でも注ぎ入れることは可能ですが念の為蓋に左手を添えてあげて下さい。そしてゆっくりとティーカップなどへ注いでやって下さい。注ぎ口のキレもいい感じです。

【表面】
ポットを右手で持った時に持ち手側寄りに小さなくぼんだ跡(画像10)が見られます。その他表面には細かな擦れや小さな傷は見られますが、いずれも強い気に障るような跡ではないと思います。褪色(釉薬のムラ、くすみ、艶の低下など)多少感じる部分はありますが、比較的綺麗な状態と言えます。

【内面】
使用感は少し感じる程度だと思います(画像14)※注ぎ口部分の内面も同様(画像13)な感じです。

【注ぎ口】
細かな擦れは多少感じるものの概ね綺麗な状態と言えます。

【淵】
蓋を外した時の本体の淵は持ち手側に1箇所切り込みがございます。蓋を閉める際の目印にもなります。機能的に使用するとどうしてもついてしまう擦れのような跡が艶の低下を招いているような跡(画像11)はある程度見られますが、下地は見えてはなく釉薬ムラの様な跡は見られるものの比較的綺麗な状態と言えます。

【持ち手】
細かな擦れは多少感じるものの概ね綺麗な状態と言えます。

【裏面】
淵の部分に製作上の揺らぎの様な跡が一部分見られるものの細かな擦れなど僅かに感じる程度で概ね綺麗な状態と言えます。

【蓋】
表面の細かな擦れや小さな傷は少し感じられ、つまみのエッジ部分に釉薬ムラの様な跡は多少見られるものの概ね綺麗な状態と言えます。裏面はストッパーの役目をする突起が二つございます。淵の箇所に4箇所くぼんだ跡(ガタガタ)が見られる状態(画像19)です。その他くすみの様な跡は少し感じられるものの、まずまずの状態と言えます。

昔懐かしい感じの小ぶりのポットで、どこから見ても可愛らしく、美しく、機能的なポットは正に機能美と言えるでしょう。一人暮らしの方、ご夫婦、恋人やご友人など少人数をターゲットにしたポットだと思われます。小さいながらにこのポットにしか出せない魅力がきっとあるはずです。ティーパックはもちろんのこと、茶こしなどを使って入れ、注ぎ口からお気に入りのカップへゆっくりと注いであげてください。お茶を入れる過程も楽しめるポットになってくれるはずです。

Your recent history

Recommended