FINNAIR × Thomas Rosenthal プレート(1)

販売価格 4,074円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
FINNAIR × Thomas Rosenthal プレート(1)

■ カラー:白×青濃淡
■ サイズ(約):直径20.5 cm × 高さ1.6 cm
■ 素材:CERAMIC(陶磁器)
■ デザイン:Tapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)
■ 製造年:1960 - 70年代
■ 生産国:Germany
■ コンディション:★★★☆☆ 3.2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
FINNAIR(フィンエアー)のエアライングッズ、1960 - 70年代頃に製造されたセラミックプレート(20.5cm)のご紹介です。※状態の差異などは多少見受けられますが、同じような状態のプレートをもう2点同時に出品しておりますので、併せてお楽しみください。

フィンランドのデザイナーTapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)が1969年にヘルシンキ - ニューヨークの就航を記念して作られた FINNAIR(フィンランド航空)初の長距離航空機ファーストクラス用の器になります。メーカーはドイツのThomas Rosenthal (トーマス・ローゼンダール)社製となり、デザインはTapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)が手掛けています。

無駄のない洗練されたフォルムデザインの表面には濃淡のある青の色合いでFINNAIRの頭文字 “F” の文字がデコレーションされており、飛んでいる鳥の群れを飛行機に見立てデザインされたのではと想像が膨らみます。現在も機体の所々にデザインされているFのロゴマークは、飛行機を象ったものとされています。

デザインは、Tapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)。
彼は1933年から数年の間ヘルシンキの美術工芸大学で彫刻を学び、その後、彫刻家とグラフィックデザイナーの仕事を兼任。
1947年イッタラ社主催のガラスコンペに応募し、カイフランクとともに最優秀賞を受賞。カイフランクと並ぶフィンランドを代表する有名なデザイナーです。彼の作品にはガラス製品が多く見られ、こちらは数少ない陶磁器作品の一つと言える、とても珍しいレアな珍品と言えるでしょう!更にはフィンランドで製造されたものではなく、ドイツのRosenthalで造られフィンランド航空に納められた逸品なのです。

大きさは直径20.5 cm × 高さ1.6 cmほどになります。
経年変化と使用感があり、擦れ、傷、褪色(減艶、くすみ、汚れ)などは見受けられますが、酷く強い気に障るような傷や汚れではないと感じております。その他欠けや割れなどみられないことから、この時代に作られた陶磁器製品として見れば比較的綺麗な状態と言えます。これらも古いものとしての味、風合い、表情と捉えていただければ幸いです。

【表面】
カトラリー跡、その他擦れ、傷、褪色(減艶、くすみ、汚れ)などは見受けられますが、酷く強い気に障るような傷や汚れなどは見受けられず、欠けや割れなどみられないことから、比較的綺麗な状態と言えます。FINNAIR の頭文字 “F” で機体を表現しプレートの淵に沿うようにして青とブルーグレーが交互に配され、可愛らしく、さりげなくデコレーションされ、シンプルな雰囲気をお楽しみいただけます。

【淵】
凝視しながら手で撫でると、摩耗のようなザラつく感触などは多少見受けられる箇所はございます。

【裏面】
座(内輪・外輪共に)の部分には使用感と経年変化による擦れのような、くすみのような褪色感は見受けられますが、その他目立つような擦れ、傷、汚れなどは見受けられず、欠けや割れなどみられないことから比較的綺麗な状態と言えます。中央付近に緑色で Thomas rosenthal社のロゴとGERMANY(ドイツ製)、FINNAIR の頭文字 “F”がブルーグレー、青色で記されています。このプレートにはdesign:Tapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)とは記されてはおりません。

フィンランド航空の歴史の一コマを垣間見れる作品と言えます。機内用の食器だけにシンプルで何かと使い易い機能美的な遊び心溢れる器と言えます。FINNAIRファンの方はもちろんなのですが、Tapio Wirkkala(タピオ・ウィルッカラ)のデザインに惹かれている方にもお勧めです。

Your recent history

Recommended