Riihimaen lasi / RIIHIMAKI vintage “ガラス瓶(中)” 蓋付

販売価格 3,000円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Riihimaen lasi(リーヒマエン ラシ)/ RIIHIMAKI vintage “ガラス瓶(中)” 蓋付

■ カラー:クリア(蓋:白 / ロゴ:紺)
■ サイズ(約):幅11 cm × 奥行11 cm × 高さ14.3 cm
■ 素材:Glass(ガラス製品)
■ デザイン:ーーー
■ 製造年:1960 - 70年代 vintage
■ コンディション:vintage ★★★☆☆ 3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今は無きRiihimaen lasi / RIIHIMAKKI(リーヒマキ)社の蓋付きのガラス瓶のご紹介です。

RIIHIMAKIという街で作られたガラス瓶で、製造年は1960 - 70年代頃と思われます。噂では当時、牛乳を入れる瓶として使用されていたという逸話もありますが、正直なところ詳細は不明です。日本人なら梅やらっきょうなどを漬け入れる容器に使用しそうな気配もします!

ガラスにはそこそこの厚みがあり、口の部分に溝が切ってあるので、ある程度はしっかりと蓋をロックできる構造になっております。(内容物が液体の場合:傾けたりした時に完全に密閉できる保証はございませんが、ある程度は問題なく使用できると思いますので、様子を見ながらお使いください。)

側面の一部に筋状(8cmほど)の傷のような跡が見られますが、内・外側から触ってみても違和感は感じられないので、おそらくガラス加工時にできてしまったものだと感じております。普通に使っていただくには問題はありません。塗装された金属製の蓋の表裏には擦れ、傷による塗装剥がれ、サビのような跡、褪色などが見られ、決して状態は良いとは言えませんが、その他細かな擦れ、小傷、汚れなどは多少見受けられるものの、欠けや割れなど見られないことから、この時代のガラス容器と考えれば、比較的綺麗な状態と言えます。これらもvintage コンディションとしての味、風合い。雰囲気と捉えていただければ幸いです。

【表面】
手作業で作られたガラス瓶の為、微妙なゆらぎを感じる箇所がございます。

【内側】
使用感があり、汚れは多少感じられる箇所はございますが、底面の水の跡(水汚れ)は僅かに感じられる程度で、比較的綺麗な状態と言えます。

【瓶の口部分】
構造上、擦れのような跡はある程度感じられますが、目立つような傷や汚れなどは見受けられず比較的綺麗な状態と言えます。

【底面】
使用感による擦れ、小傷、汚れは多少感じられますが、強い擦れや傷などではなく、比較的綺麗な状態と言えます。”R5”というサインのようなものが見受けられます!

【蓋】
上面には狼のような動物の絵とRIIHIMAKIのロゴがプリントされており、比較的綺麗な状態で残っております。
蓋付きの瓶は珍しく、きっと重宝され使い古されてしまうか、今現在でも多くのご家庭で現役で使用されていて、あまり世間に出てこない物なのかもしれません。塗装された金属製の蓋の表裏には擦れ、傷による塗装剥がれ、サビのような跡、褪色などが見られ、決して状態は良いとは言えませんが、蓋の機能としては健在だと言えます。(錆が気になる方は蓋の内側に接しない物を入れるなどしてご使用ください。)

いい感じにレトロさが出ている蓋付きのガラス瓶なので、飾っておくだけでも雰囲気を楽しんで頂けます。それが容器としても重宝すれば、嬉しい限りです!湿気に弱いお菓子や乾物、はたまたショートパスタやペンネなどを入れてあげても素敵に重宝するはずです。是非お試しください。

Your recent history

Recommended