marimekko vintage "JOKAPOIKA" Men's Shirt 黒×オレンジ

販売価格 9,720円(税込)
在庫数 残り1点です
購入数

ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
marimekko(マリメッコ)vintage "JOKAPOIKA"(ヨカポイカ)Men's Shirt

カラー:黒(墨黒のような色味)×オレンジ(和からしのような色味)
サイズ表記:40
素材表記:100% cotton
1960年代頃のビンテージの作品となります。

下記に主要寸法を掲載させていただきます。少しでもサイズ感の参考にしていただけると幸いです。

サイズ表記:40
着丈:約76cm、肩幅:約44.5cm、身幅(脇下〜脇下間):約58cm
袖丈(肩TOP〜袖先端まで):約63cmほどになります。

【表面】
極小さな色飛びが所々に見受けられますが、全く目立つものではなく、この時代のらしさと言ってもよろしいかと思います。左袖の前側(袖ぐり〜袖口生地くらいまで)には黒(墨汁色のような)の色の重なりが1ライン見られ、オレンジのラインがほとんど隠れている状態です。これもまた当時のプリント技術の味と捉えていただけると幸いです。後ろ身頃左側付近にやや大きな(およそ3mm程度)色飛びが一箇所ございます。
想像ではございますが、当時の持ち主が一番上のボタンが外れ失くされた時に予備のボタンが付属していることに気がつかずに別のボタンで代用している様が見受けられます。でもご安心ください、内部に予備のボタンが付属してありますので、通常のボタンに戻すことも可能です。その他、目立つような擦れ、汚れ、傷、穴などは見受けられず、着用感によるあたりのような擦れは所々に見受けられますが、この時代のシャツと考えれば許せるレベルの状態で、しっとりとした良質の綿生地が長年の経過とともに風合いとして現れ着心地の良い雰囲気高いシャツに感じられます。褪色、経年変化はございますが、この時代のシャツと考えれば自然な状態でもあり、きっと許せてしまう状態と言えます。古き良き時代なるしっとりとしっかりとした良質の綿生地で作られた着心地の良いシャツを実際に肌で感じていただきたい逸品です。墨黒のような黒とオレンジ(和がらしのような色)の手描き感溢れるストライプがなんとも暖色系の雰囲気を演出してくれているので、特に秋から冬にかけて特別な使い易い一枚になってくれそうです。

【襟】
台襟ではなく、サイズ感は通常の襟と言えます。
あたり、擦れ、褪色は見受けられますが、穴、裂けなどは見受けられず、この時代のシャツと考えれば許せるレベルだと感じております。

【袖】
なめらかなカーブを描いたフォルムでマリメッコらしい金属ボタンが一個セットされております。
あたりのような擦れは見受けられますが、然程気になるものではないと思います。

【裾】
両サイドにはスリットが施されております。

【ポケット】
左胸には四角いポケットが一個セットされております。

JOKAPOIKA(ヨカポイカ)「全ての少年」シャツは手描き感溢れるストライプ柄とmarimekkoらしい金属ボタンを組み合わせたシャツでモダンでありながら、愛嬌たっぷりなシャツと言えます。

PICCOLO(ピッコロ)柄が使用されているこのJOKAPOIKA(ヨカポイカ) SHIRTのDesignもまたvuokko eskolin nurmesniemi (ヴォッコ・エスコリンーヌルメスニエミ)によって手掛けられているのです。

marimekko(マリメッコ)社の誇る定番中の定番で
クラシックな作品の一つに1956年から一度も途切れることもなく
現在に至るまで生産されているJOKAPOIKA(ヨカポイカ)
このシャツは発売されてまもなく建築家をはじめとする
その他、多くのクリエイティブな人たちの間で
話題・人気を博しました。ヨカポイカを着てワインを飲み、様々なシーンで活躍する。時が経つにつれて、さらに人気は高まり人気層がだんだん広がり、その名の通り、「全ての少年」シャツと
世界中のファンから愛されるようになります。このシャツは街中や田舎関係なくあらゆるところで見かけるようになり、男性、女性、一般人、著名人も分け隔てなく多くの方々に愛されています。2010年代頃までにこのピッコロという生地からは約800もの配色が生まれました。
色のパターンはヴォッコが1950年代に使っていた
プリント技術が存分に生かされ、今現在も色褪せることはありません。時にはふたつのストライプが部分的に重なり重なった部分が第3の色として誕生することも楽しみの一つです。
ENN scandinavian designとしてもまた新たなご縁を楽しみにしております。

Vuokko Eskolin-Nurmesniemi
(b. 1930 Helsinki, Finland)
Jokapoika(Every Boy)
shirts for Marimekko,1956

Jokapoikaとは全ての少年(Every Boy)の意
使用されているDesign(textile)は1953年にvuokko eskolin-nurmesniemi(ヴォッコ・エスコリンーヌルメスニエミ)
によってデザインされたPiccolo patternを使用し、1956年にJokapoika shirtが誕生し、現代も引き継がれ、本国はもちろん、世界中で愛されているのです。

vuokko eskolin-nurmesniemiは当時はmarimekkoに所属していた伝説のデザイナ−!1960年代に独立しVUOKKO ブランドを立上げ 、素晴らしい、秀逸な作品が多く評価も高いのです。

Your recent history

Recommended