aarikka "ネコ?ネズミ?" 木製ブローチ(大)紺×緑

販売価格 2,750円(税込)
在庫数 在庫 0 点 SOLD OUT

SOLD OUT
ENN scandinavian design_SELECT / from Finland
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
aarikka(アーリッカ)"ネコ?ネズミ?" 木製ブローチ(大)紺×緑

ネコ?ネズミ?どっちなのでしょうか!?
どちらにしろ可愛いに違いはありません。

カラー:胴体/紺、耳・尻尾/緑
素材:木製+金属金具
サイズ(約):全長7.5 cm × 最大幅2.8 cm × 最大厚み2 cmほど

木製の小さな玉が四つ連なりゆらゆらと揺れる尻尾、ちょこんとついた耳、全体のサイズ感がなんとも可愛げで手に入れました。
木の特性上なのか判りかねますが、胴体、耳、尻尾のある箇所に擦れなのか、経年変化なのか塗装が薄れスジのような跡は見受けられますが、ブローチとして使用するには全く問題はなく、その他目立つような汚れ、傷、擦れ、欠けなどは見受けられず、金具部分も確認済みです。昔のものと考えたら概ね良好な状態と言えます。胸元や帽子、鞄などにちょこんと佇ませてはいかがですか?

aarikkaの歴史

すべてはボタンからはじまった!
この言葉なしにはア−リッカの歴史は語れません。
「aarikka」はカイヤ・ア−リッカとその夫エルッキ・ルオコネンによって1954年に創設されました
カイヤ・ア−リッカが工業専門学校の卒業制作でお洋服をデザインした時、好みのボタンが見つからず、自ら木製のボタンを作ったのがきっかけです。やがて、そのボタンが評判になり、ボタンからネックレス、イヤリング、ブロ−チなどのアクセサリ−までを手掛けるようになったのです。

フィンランドの厳しい自然で育った白樺、松などを用いるのが特徴で、モダンなデザインと豊かな色彩で多くの人々を魅了し、愛され続けているのです。

森と湖の国フィンランドにはたくさんの自然があり
1960年代には自然の中の動物をモチ−フとした作品が展開され
代表的なものに、「鳥さんシリ−ズ」「羊さんシリ−ズ」があります。

「羊」はaarikka社のトレ−ドマ−クになっており、フィンランドで羊は、粘り強さ・前向きさの象徴とされているのです。動物シリ−ズにはこのほかに「猫さん」「ウサギさん」「象さん」などがあります。

また、木製のキッチングッズは種類も豊富で、テ−ブルを楽しく演出してくれます。自然の素材の持つやさしさと温もりのある愛らしいデザインの「aarikka」はフィンランドのみならず、世界中の人々に愛され続けているのもまた嬉しい限りです。

Your recent history

Recommended